「高齢者ふれあいの集い」を開催しました

高齢者ふれあいの集いで講演する悠翔会在宅クリニック越谷の岡田大輔医師

2022年10月11日(火)、大沢地区センター・多目的ホールで「高齢者ふれあいの集い」が開催されました。

このイベントは、「介護予防」や「人生会議」をテーマに開催されたもので、7月の予定が延期されたものです。大沢地区コミュニティ推進協議会・福祉ふれあい部会の主催で実施されました。

高齢者のみなさんがこれから迎える介護や人生の終焉について、どのような態度や覚悟で対峙するかを家族の方を交えてきちんと話し合っておこうという「介護予防」や「人生会議」について、専門家の方にご講演いただきました。

今回登壇してくださったのは、越谷市で積極的な在宅訪問診療をされている「悠翔会在宅クリニック越谷」の岡田大輔医師です。

介護予防とは、高齢者が要介護状態等となることの予防や、要介護状態等の軽減、悪化の防止を目的して行う支援です。

人生会議とは、もしものときのために、自分自身が望む医療やケアについて前もって考え、家族や医療・ケアチームといった信頼のおける人などと繰り返し話し合い、共有する取り組みのことです。「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」とも呼ばれています。

岡田医師は、人生の終焉を迎えるにあたって大切なこととして、人生会議は個人の問題ではなく社会の課題であること、また当事者はこのことを人任せにするのではなく、自律心をもってあたること、無理をせず自然体で向き合うことを説かれておりました。

来場者のみなさんも、岡田医師の話ひとつひとつにうなずきながら納得して聞き入っている様子がうかがえました。

第1部は誰もが避けて通ることのできないヘビーな内容であったことから、第2部は大沢地区の有名人であるシマネヤの島根さんによる歌謡ショーが開催され、にぎやかな雰囲気で会が締めくくられました。

式次第を説明する大沢地区コミュニティ推進協議会・福祉ふれあい部会の大家けい子部会長
開会の辞を述べる大沢地区コミュニティ推進協議会・深野弘会長
人生会議、エンディングノートについて熱弁を振るう岡田医師
講演を真剣に聞き入る来場者のみなさん
自らの意思表示を書き留めておくACPシートも配布されました