第66回駅伝大会で大沢地区が優勝!
鈴木選手、浅利選手が区間賞受賞

優勝おめでとう!

2021年12月5日(日)、「第66回越谷市内駅伝競走大会」および「第66回市民体育祭地区対抗市内駅伝競走大会」が開催されました。

快晴の寒空の下、越谷市役所前を一斉にスタート。

第66回市民体育祭地区対抗市内駅伝競走大会の「地区対抗の部」では、大沢地区が増林地区を抜いて、総合成績1時間29分05秒の記録で見事1位に輝きました。

大沢地区の走者は、第1区(越谷市役所前〜大袋中学校・5.0km)を稲葉伸正さん、第2区(大袋中学校〜北陽中学校・6.2km)を大塚紘平さん、第3区(北陽中学校〜増林小学校・4.9km)を鈴木烈剛さん、第4区(増林小学校〜越谷東高等学校・3.5km)を山本孝範さん、第5区(越谷東高等学校〜光陽中学校・4.2km)を浅利一真さん、第6区(光陽中学校〜中央市民会館・3.4km)を堀米怜児さんが務めました。

第3区の鈴木烈剛さん(15分11秒)および第5区の浅利一真さん(13分24秒)は、それぞれ区間1位となり区間賞も受賞! おめでとうございます。

「一般の部」では、大沢愛好会Aが16位、大沢愛好会Bが30位と堅調な成績をおさめました。

今回は感染症対策のため沿道での応援はなしで実施されました。ご理解・ご協力ありがとうございました。

選手のみなさんはたいへんおつかれさまでした。おめでとうございます。

越谷市の記事はこちら