11月のごあいさつ

11月_会長あいさつ_記事用

日ごろ大沢地区の自治会活動へのご理解・ご協力をありがとうございます。

大沢地区の将来像として策定したスローガン『活力とふれあい 歴史を尊び 新たな大沢へ』をまちづくりの目標として、令和2年も地域のみなさまとの関わりを一層深め、コミュニティ推進事業に一体となって取り組んでいきたいと思います。

今年も残すところあと2ヶ月となりました。

世界的な猛威を振るっている新型コロナウイルス感染拡大についていよいよ年内の収束が難しい見込みとなってきました。

政府のGo To キャンペーンなどもあり、経済や生活の立て直しが図られておりますが、道半ばといった状況です。

越谷市でもいまだ感染者の増減に一喜一憂している状況です。

これから年末を迎えるにあたり、みなさんさまざまな会合の計画もあると思いますが、クラスター発生などの事態にならぬよう、引き続き各自感染拡大防止に十分なご配慮をお願いいたします。

これからインフルエンザが猛威を振るうシーズンも迎えますので、あわせて引き続き感染防止に各々がご留意ください。

ひとり一人の自覚と行動がより早い事態の収束を実現します。

大沢地区の住民のみなさまにおかれましても、感染拡大防止にご協力をお願いするとともに、くれぐれも体調管理・健康維持に努めていただけますようお願いいたします。

またSNSのデマなどに惑わされず、節度ある行動をとっていただけますよう重ねてお願いいたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

大沢地区自治会連合会
会長 深野 弘