「子ども食堂会議」を開催しました

子ども食堂会議

2020年10月26日(月)、大沢地区センターにて「子ども食堂会議」が開催されました。

出席者は、大沢地区自治会連合会の幸田副会長・斉藤副会長、越谷市社会福祉協議会の染谷さん・松原さん、子ども食堂運営担当予定の庄谷さん・上野さん・鈴木さんのみなさんです。

2021年8月に移転して開館する新しい大沢地区センター・公民館に開設予定の「子ども食堂」の内容について、出席者で忌憚のない意見交換を行いました。

宮浦自治会・田中ゆかりさん(子ども食堂運営委員会会長就任予定)の発案により発足された、大沢地区子ども食堂の運営について、越谷市社協のお二人のアドバイスをいただきながら、可能性を探る議論が活発に交わされました。

大沢地区子ども食堂の運営主体は、大沢地区コミュニティ推進協議会となります。

先を行くせんげん台子ども食堂など越谷市の他地域の事例などを参考にしつつ、よりよい運営を行えるようさまざまな議論が交わされました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、現在はお子さんのほか、大学生などにも困窮の余波が打ち寄せています。

お子さんに限らずお困りのみなさんの暮らし向きがよくなるよう、今後も引き続き、来年8月の大沢地区センターオープンに伴う子ども食堂の開設に向けて議論を重ねてまいります。

引き続き大沢地区のみなさまに地域情報を発信してまいりますのでどうぞよろしくお願いします。