榛名女子学園の見学

2019年11月12日(火)32名の会員で見学研修に行ってきました。

榛名女子学園とは、関東・甲信越・静岡地方の家庭裁判所や裁判所において審判もしくは裁判により、保護処分や刑の執行を受けるため少年院送致決定を受けた14歳以上20歳未満の女子少年を収容する国の施設です。

入所者のおもな非行として、窃盗・覚せい剤・傷害・その他。

目的は入所者の人権を尊重しつつ、その特性に応じた適切な矯正教育や健全な育成を行うことにより、入所者の改善更生および円滑な社会復帰を図ることです。

現在の入所者は33名。職員プラス犬のハルとルナ。入所者は心を開かない人が多く、職員の対応が大変だそうです。こんな時こそ犬のハル・ルナの出番。入所者も彼らには心を開いて部屋で懸命に話しかけるそうです。所長さんによれば「動物の効果は大きいです」と話をしてくださいました。

この学園は学校教育を受けてない入所者が多く、そのための矯正教育の中に復学調整のための教育カリキュラムが組まれています。

また笑顔で人に接したことがない入所者のために、演劇を取り入れて人とのふれあいを指導しています。

このほか、進路指導・保護調整・就労支援・復学調整・仮退院保護観察といった一連の社会復帰支援や指導を行っています。

現実的な生活に戻す努力がいかに大切なことか改めて知り、家庭の温かさの必要性を実感した見学会でした。

更生保護女性の会